前々回、狂言《釣狐》で語られる妖狐・玉藻前と殺生石の話について書かせていただきましたが、より詳しく知ることが出来るこんな展示が大阪・国立文楽劇場で現在行われていることが分かったので、紹介させていただきます。

企画展示「玉藻前」。11/28(土)まで。入場無料です。錦秋文楽公演(10/31~11/23)での《玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)》上演にちなんで、ということです。

京都大学図書館蔵の絵巻物「たま藻のまへ」や、マンガ家の波津彬子さんによる「玉藻前」の複製原画なども展示されているそうで、ビジュアル面から玉藻前・殺生石伝説に触れられるステキな機会かと思いますので、大阪へ行かれる方は是非!

詳細は国立文楽劇場企画展示公式ページをご覧ください。

CCF20150914

CCF20150914_0001

善竹十番公演サイト https://zenchiku.xyz/

志芸の会公式サイト http://www.shigenokai.com/