狂言にはお茶を扱った演目がいくつかあります。

お茶がもっともクローズアップされる狂言といえば、主人公が茶屋の主人である《通円》。または、茶の買い付けに行った男が事件に巻き込まれる《茶壺》もあります。茶屋という商売が存在するあたり、狂言が舞台とする時代には、すでにお茶が一般に普及していたようです。

今回、善竹十番で上演される狂言の中でも、《清水》は茶に使うための水を汲みに行くところから話が始まり、《止動方角》も「茶くらべ」に出かける途中のお話であるなど、背景にお茶の流行が描かれています。

お茶が日本に伝わったのは奈良時代とも平安時代とも言われます。空海がたしなんでいたという記録や、嵯峨天皇や菅原道真によるお茶に関する漢詩も残っています。

しかし一度、日本では流行がすたれてしまいました。再び日本でお茶を広めたのは、臨済宗の開祖である栄西でした。栄西は『喫茶養生記』という書物を著しています。「養生」は、健康の増進や、病気を治すよう努力することですから、つまりは元々、お茶は薬として日本に入ってきたのですね。

栄西から茶の種を贈られた明恵が栂尾高山寺に開いた茶園は、名茶の産地として広く知られました。栂尾産のお茶のことを「本の茶」といい、それ以外の産地の茶を「非の茶」と区別されていました。

狂言《茶壺》の男は栂尾まで茶の葉を買い求めてきた帰りの事件ですが、その語りの中に「おれが主殿は、中国一の法師にて、ひの茶を点てぬことなし、一族の寄合に本の茶を点てんとと」という言葉があって、「本の茶」「非の茶」の区別が現れています。

この「本の茶」と「非の茶」を飲み分ける遊びが、《止動方角》にも出て来る「茶くらべ」です。「茶くらべ」は「闘茶」とも呼ばれます。最初は二者択一だったようですが、のちに宇治茶などほかの茶の品質が向上してくると、闘茶もより複雑化し、さらに金銭や物を賭けたりと、より派手になっていったようです。

《止動方角》では、主人は茶葉も借りて出かけますから、複雑になったあとの「茶くらべ」なのでしょう。

建武の新政への批判として名高い「二条河原の落書」にも、「茶香十炷ノ寄合モ 鎌倉釣ニ有鹿ト 都ハイトヽ倍増ス」と、闘茶の過度の流行を批判的に書かれています。

後に、村田珠光から千利休にいたって「わび茶」が完成されると、闘茶の風習は、享楽的な娯楽・賭博として茶道からは排除されていきます。「茶の湯」といいつつも、江戸時代以降の茶道とは、またちょっと違う姿が、狂言には描かれているのです。

茶畑

善竹十番公演サイト https://zenchiku.xyz/

志芸の会公式サイト http://www.shigenokai.com/